2009年04月30日

統合失調症

PCクリック↓

楽天ショップ


携帯クリック↓

楽天ショップ

4月29日 会いにいけなかった日
... 妹はいじめとか、色々あって高校くらいからおかしくなって、引きこもりみたいになって、ついに統合失調症になるし、 30過ぎて2人とも独身で家いるし それだって、ウチの家族がどんな問題を抱えてこうなってしまったかなんてわかんないし。 ...

死にたくなったら薬のせい
科・心療内科・メンタルクリニック・メンタルヘス・うつ病・パニック障害・躁うつ病・発達障害・統合失調症・不登校・ADHD ※この記事は精神医療の問題に取り組んでいる mixiのサイクバスターさんの日記を転載させて頂いています 「死に ...

抑えきれない怒り
お願いします。ちなみにクリエイティブな分野で実績をあげたり人から評価されるほど感じる怒りの感情も肥大していっています。何か精神的な病気なのでしょうか?自分は双子で片割れの方は自分にまったく自信が無く総合失調症や鬱病なので何か関係も

人格が変わる
自分に戻れます。ただ、会社の中では自分がどす黒いオーラを放っているのが解ります。現在通院しており、統合失調症と診断されていますが別の病院では人格障害とも診断されました。働かなければ生きていけない。で

統合失調症
統合失調症(とうごうしっちょうしょう、de:Schizophrenie、e… By google.co.jp Yaab.

統合失調症」という病気
統合失調症の方は 罪の意識を感じてしまいがち しかしながら 罪=原因は環境にある結果は個人に出る だから私は治療に努力すべきは(緊急的には排除) 個人よりも その個人をとりまく環境=社会 だと考えているのですが、 いかがでしょうか? ...

統合失調症
...うつと同様に、日内変動がみられる。
-近年、ひきこもり=統合失調症の陰性症状という誤診がなされることが多く、注意が必要であ...

統合失調症

統合失調症(とうごうしっちょうしょう、ドイツ語 独Schizophrenie、英語 英schizophrenia)とは、妄想や幻覚などの多彩な症状を示す精神疾患の一つ。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではF20。2002年までは精神分裂病と呼ばれていた。
発病率は全人口の1%程といわれており、決して珍しい病気ではない。
古代ギリシャ時代からこの病気の存在は知られていたが、発症する原因の詳細は今なお不明である。神経伝達物質の一つであるドパミンの過剰によるという仮説をはじめ、様々な仮説が提唱されている。1950年代にフランスでクロルプロマジンという薬物が一部の患者に効果があることが発見され、これを契機に抗精神病薬による薬物治療が広く行われるようになった。1990年代後半からの非定型抗精神病薬の使用や、効果的な急性期治療、社会復帰のため福祉制度の整備などにより、初発患者の入院期間は短縮され、以前よりも軽症化しつつあると言われている。しかし一方で、薬物療法が部分的にしか効果を示さず慢性化する患者も少数であるが存在することも事実である。


ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典

統合失調症はどんな病気かどう治すのか
価格: 1,680 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
わかりやすい統合失調症の話 著者:遠山照彦出版社:萌文社サイズ:単行本ページ数:190p発行年月:2005年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)これまでわかりにくいと言われてきた統合失調症についての本や解説書のイメージを打ち破って、ほんとうにわかりやすい本ができました。しかも、統合失調症に悩む人たちや家族にとって、生きる希望と社会生活に役立つ内容があふれています。図表や事例も多く、精神医学や精神保健、福祉の新しい情報も盛り込まれた本書は、専門家、患者家族、当事者から反響が寄せられたロングセラーの決定版です。【目次】(「BOOK」データベースより)第1


統合失調症
価格: 1,260 レビュー評価:4.75 レビュー数:4
正しい理解と治療法健康ライブラリーイラスト版 著者:伊藤順一郎出版社:講談社サイズ:全集・双書ページ数:98p発行年月:2005年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)統合失調症のすべてを詳しく解説。病気とのつきあい方、日常の過ごし方。家族とみんなで理解し、正しい対処を。【目次】(「BOOK」データベースより)1 こんなときどうする?症状とその対処法(知っておきたい?病気は3つのステージを経ていく/急性期の対応(説得しない、否定しない、言いなりにならない/症状の背景には「理由」がある/よけいな情報を遮断し、静かな環境をつくる) ほか)/2 どうして起こ






Q統合失調症の4年間リスパダールのみを飲んでいます体重が22キロ増えました。主治医は徹底的に食事量と運動量のバランスをアドバイスしてきます。半年間毎日30分のウォーキングと間食をせず過ごしたら体重が変化しなかったので先生にいっても変薬を希望していますが主治医は僕のことを非努力なやつとしてみているようで 訴えても医者の気持ちがわからないみたいなことをいわれて、この際変化をつけるために病院を変えようと思いますが 変薬はむずかしいのでしょうか?
Aリスパダール自体が太りやすいですから、それでダイエットは出来るかと言いたいです。薬を変える方法でよく挙げられるエビリファイですが、これにすると今まで抑えてきた症状を復活させる恐れがあります。連用で起きる副作用は厄介ですし、様子をみながら薬を減らすのが無難だと思います。病気になった原因を究明するのも大切です。4年前の診断なら発達障害などの新しい概念が頻繁に言われる前ですから、見直す必要もあるでしょう。未だによく知らない医師も多いですよ。

PCクリック↓

楽天ショップ


携帯クリック↓

楽天ショップ
posted by まったり at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

2009年03月16日

大日本住友製薬、パーキンソン病治療薬を発売

大日本住友製薬、パーキンソン病治療薬を発売

大日本住友製薬は13日、抗パーキンソン病治療薬「トレリーフ」を発売したと発表した。同社は昨年、統合失調症治療薬を発売するなど中枢神経系疾患分野で製品拡充を進めており、新薬を投入して事業拡大を目指す。来年度に11億円、ピーク時には54億円の売り上げを見込む。有効成分はゾニサミド。同社は抗てんかん薬「エクセグラン」としてすでに商品化しているが、パーキンソン病症状の改善効果が認められたことから同疾患を適応に開発した。

http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200903/16/02801_2131.html

posted by まったり at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

2009年03月06日

統合失調症と「非定型抗精神病薬」





統合失調症と「非定型抗精神病薬」



福島県立医科大医学部の丹羽真一教授(神経精神医学講座)は3月3日、都内で講演し、近年、臨床現場での使用が広がっている「非定型抗精神病薬」による統合失調症の薬物治療の現状を紹介した。従来型の「定型抗精神病薬」に比べ、非定型抗精神病薬では「過剰な鎮静作用」など認知機能面の副作用が少ないといい、丹羽氏は、うまく活用することで患者の生活の質向上につなげることができると期待感を表明した。



その中で丹羽氏は「就労や就学といった(患者の)社会的・長期的機能を左右する要因はたくさんあるが、約半分ぐらいは言語記憶など認知機能の善し悪しに左右されると言われている」と指摘し、「患者さんの社会生活を考えると、認知機能はとても重要だ」と強調した。



ところが、ハロぺリドールなど従来型の定型抗精神病薬を使った薬物療法では、認知機能のうち、注意力が改善する一方、運動技能などは悪化するという。特に、定型抗精神病薬による過剰な鎮静作用については、「治療に対する消極的な態度が生まれ薬を飲みたがらなくなったり、学習・記憶機能を妨げたりということが起きてしまう」と述べた。



 さらに「薬を使えば鎮静が起きるのは止むを得ないと思っている先生もいるが、非定型精神病薬が使われるようになり、抗精神病効果と鎮静効果を明確に分けて考えなくてはいけないとなってきている」とし、これが統合失調症の薬物療法における大きな成果だと強調した。



ただ、非定型抗精神病薬で鎮静作用を伴うことがあるとも指摘。「統合失調症の当事者(患者)は、症状が多少あっても前向きな気持ちで生活していきたいと願っているが、過剰な鎮静で意識がぼんやりしているとそれができない」と述べ、過剰な鎮静と社会生活機能の改善のバランスに配慮する必要があると強調した。



要約記事


生活の質改善に期待「非定型抗精神病薬」

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/20899.html


posted by まったり at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

統合失調症治療薬「クロザリル」を了承‐患者モニタリング制度が条件




薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は2月27日、治療抵抗性統合失調症の治療薬「クロザリル錠」などをはじめとする新薬5品目と、バリウム注腸X線造影検査前処置の2成分組み合わせの一部変更を審議、了承した。クロザリルについては、無顆粒球症および血糖値異常など重篤な副作用の可能性があるため、患者モニタリング制度の導入などが承認条件とされ、サリドマイドに準ずる厳しい監視体制を取ることで了承された。クロザリルは3月の薬事分科会でも審議、その他の品目は分科会に報告され、その後1カ月以内の承認となる予定。



「クロザリル錠25mg、同錠100mg」(ノバルティスファーマが製造販売)の有効成分はクロザピン。治療抵抗性統合失調症を効能・効果とする新有効成分医薬品。再審査期間は8年、原体、製剤とも劇薬に指定される予定。



同剤は、1969年に初めてオーストラリアで承認されたが、75年にフィンランドで死亡8例を含む16例の有害事象が発生。世界的に一時発売停止、開発停止などの措置が取られた。しかし,その後、既存の治療薬が効かない患者に対する最終的な選択薬としての有効性が改めて見直され、無顆粒球症などの早期発見を目的とした患者モニタリングを確立させることなどを条件として、世界97カ国で承認されている。



要約記事

【医薬品第一部会】統合失調症治療薬「クロザリル」を了承‐患者モニタリング制度が条件

http://www.yakuji.co.jp/entry9315.html


posted by まったり at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

抗うつ薬:性機能だけでなく「恋愛能力」にも悪影響?




SSRIは、気分に作用する神経伝達物質セロトニンの血中濃度を高めることでうつ病に効果をもたらす一方で、性的欲求を抑制させる。SSRIはまた、広範囲な認知や行動のプロセスにかかわる神経伝達物質のドーパミンを減少させる。こうしたプロセスには性的欲求や性的興奮も含まれるが、最近の研究では、このドーパミンが恋愛にも関与している可能性が示唆されている。



恋愛や愛情は、性愛やそれがもたらす効果に影響を受けるが、究極的には性愛とは別物だというのがFisher氏の見解だが、ドーパミンはこの恋愛においても、神経生物学的に大きな役割を果たしているとみられる。そのため、[ドーパミンを減少させる]SSRIは性機能障害を引き起こすだけでなく、恋愛そのものも阻害する可能性がある、とFisher氏とThomson氏は主張する。



要約記事



抗うつ薬:性機能だけでなく「恋愛能力」にも悪影響の可能性

http://wiredvision.jp/news/200903/2009030323.html


posted by まったり at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

働きたい:精神障害者の挑戦




体全体が鉛でできているように頭の芯まで重く、動きたくても動けない。思い通りに動けなくてまた落ち込む。そんな状態で仕事をするから、間違いやトラブルが起きて、さらに落ち込んだ。早めに通院して薬をもらって頑張ったが限界が来た。



 「早く再就職しなければいけない」。今度は焦ってホームヘルパーの資格を取った。通院しながら老人ホームの正職員になったが、夜勤のある職場で働くのは難しかった。



 それからしばらく家で引きこもった。そのうちに、これまでを振り返り「人とのコミュニケーションが苦手。顔色をうかがいすぎて『私が悪いかな。何かしたかな』と自信がなくなる」と自分自身を理解するようになった。失敗を繰り返して「自分は友人づきあいや集団に弱いのだ」と気づくことができた。



要約記事


働きたい:精神障害者の挑戦/3 病状悪化させる焦り /奈良

http://mainichi.jp/area/nara/news/20090226ddlk29040601000c.html


posted by まったり at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

金融危機でアジアの自殺増加、




 韓国保健福祉省の関係者は匿名で「経済的な困難と韓国の高い自殺率には、基本的な関係がある」と指摘。同国の自殺防止プログラムには、ヘルスケア専門家やカウンセリングセンター数の増加が含まれており、2013年までに自殺率の20%減を目標としていると述べた。



 こうした政府の取り組みとは別に、首都ソウルで地下鉄4線を運行するソウルメトロは、電車への飛び込み自殺を防止するために、駅のプラットフォームに自動ドアを設置する取り組みを強化している。



 ソウルメトロの職員は「自動ドアの設置はプラットフォームからの飛び降りを最初に防止する唯一の方法。設置計画を1年前倒したため、今年末までにはすべての駅にドアが設置される予定だ」と述べた。



 <自殺防止ホットライン>



 日本では今年4月までの6カ月間に、約50万人の非正規雇用者が解雇される見通しだ。トヨタ自動車などの製造業の多くが拠点を構える愛知県は、特に大きな影響を受けている。愛知県によると、メンタルヘルスに関する相談件数が2008年12月は前年同月比で15%近く増加した。



 日本では終身雇用制度が崩れ出した1990年代後半の深刻な不況時に自殺率が急増。当時は大規模なリストラが行われ、大学新卒者は仕事を見つけるのに苦労した。



 世界保健機構(WHO)によると、世界の自殺率(10万人当たり自殺者数)は過去45年間で60%増えた。自殺の90%はうつ病や薬物乱用が関わっており、毎年100万人が自殺を図っているという。



 香港は昨年10月、金融危機に苦しんでいる人を対象とした特別ホットラインを設置。また今月に入り、複数の公立病院にうつ病の専門クリニックを開設した。



 病院薬剤師会の教育ディレクター、ウィリアム・チュイ氏は「金融危機によってより多くの人々がうつ病に苦しむとの見通しからクリニックは開設された。政府は抗うつ剤を追加手配している」と述べた。



 香港の医師たちは、下痢や耳鳴り、息切れ、頭痛、不眠や胸の痛みなど、心因性の症状を訴える患者が増加していると報告している。


posted by まったり at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

働きたい:精神障害者の挑戦・事業主の理解、配慮必要




07年秋、一般就労を始めた生駒市の無職、沢井佳代さん(30)=仮名=は、思わぬ壁にぶち当たった。沢井さんが自らハローワークで見つけたのは、学生寮の清掃の仕事。週3回、3時間ずつ働くことになった。



 病気も公表し、国の制度で定められているジョブ・コーチ(職場適応援助者)にも間に入ってもらうことにした。「指示の仕方はゆっくり」「細かく仕事内容を伝える」など、沢井さんの病気の特性に合わせた留意事項も伝えた。





 沢井さんは、奈良市内の公民館で月に1度、同じように社会福祉法人が契約する清掃の仕事をする人たちが集う会議に参加する。約10人の男女が机を囲み、その月の反省や困ったことなどを話し合う。それぞれの体調の話から道具の準備の話まで細かく話し、次の目標を立てる。



 「月曜と木曜の週2回の時があったけれど大丈夫? きつくない?」。声を掛けられた沢井さんは「何とかできそうです」と答えた。



 沢井さんが通う「ピア・ステーションゆう」の加藤大輔施設長は、「仕事をする上で、思いを吐き出すことができる場があることは大きい。仕事をする能力はあるので、事業主やスタッフが病気を理解して配慮できれば十分働くことはできるのだが……」と話す。【高橋恵子】





要約記事80%



働きたい:精神障害者の挑戦/2 厳しい現実、挫折も /奈良 - 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/area/nara/news/20090225ddlk29040482000c.html


posted by まったり at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

働きたい:精神障害者の挑戦



 
帰国後、沢井さんは1日だけ家出をした。帰宅すると、パトカーと救急車が来ていた。パトカーに乗せられて病院に行き、そのまま入院が決まった。「神経衰弱」と言われた。どんな病気なのか分からないまま、ただ聞こえてくる音に泣いた。



 短大は休学。誰かが話している言葉が自分への悪口に聞こえるため、外に出るのが怖くなって引きこもった。家にいても幻聴が聞こえて落ち着くことはなかった。



 送り迎えをしてもらい、何とか短大を卒業。通院を続けながらいくつかの福祉施設に通い、生活リズムや体力を身につけていった。



 仕事が順調に進み、体力と自信をつけた沢井さんは、一般就労に挑戦しようとハローワークに向かった。「マンション清掃はきつかったけれど、思ったよりすんなりできたから」。07年秋、自分で見つけた学生寮の清掃の仕事に就いた。



要約記事

働きたい:精神障害者の挑戦/1 統合失調症で入院後 /奈良

http://mainichi.jp/area/nara/news/20090224ddlk29040627000c.html


posted by まったり at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

統合失調症を苦に無理心中




海南市の民家で昨年5月、長女(当時27歳)の統合失調症を苦に殺害し無理心中を図ったとして、殺人罪に問われた母親(55)に対し、和歌山地裁(成川洋司裁判長)は13日、懲役7年(求刑・懲役10年)を言い渡した。

 成川裁判長は、母親に犯行時の完全責任能力があったと認め、「統合失調症が人間性を失う悲しい病気との一面的な見方から抜け出せず、動機は独りよがりと言わざるを得ない」と述べた。



要約記事



http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20090214ddlk30040421000c.html


posted by まったり at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

統合失調症の脳内メカニズムに関わる神経間相互作用の画像化に成功




神経症の一つである統合失調症は脳内ドーパミン*2による神経伝達の異常が原因のひとつと考えられていますが、その発症要因はよくわかってはいません。現在の代表的な統合失調症の治療薬として、脳内ドーパミンの受容体のひとつ (D2受容体) の受容機能を遮断する効果を持つものがありますが、全ての統合失調症に有効というわけではありません。現在、統合失調症に有効であるとされ世界的に開発が進められている治療薬の一つがグルタミン酸神経系を調節する機能を有するものです。今回の結果は、このドーパミン神経系の活動をグルタミン酸神経系が調節していることを画像化することによって明らかにしたもので、ヒトの脳内での病的状態における神経系の相互作用の解明に結びつくだけではなく、ドーパミン神経系の機能調節を通じて統合失調症の治療法の開発に道を開くものといえます。

要約記事

http://www.nirs.go.jp/news/press/2008/02_11.shtml


posted by まったり at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

阪大大学院精神医学教室、統合失調症新入院プログラム開始





きめ細かく投薬調整−−症状客観的に評価、患者と相談



大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室が、2月から新たに「統合失調症短期入院プログラム」を始めた。入院中、医師が症状を客観的に評価してきめ細かく投薬の調整をすることで、重症の患者の症状を短期間で改善することを目指すという。



要約記事

http://mainichi.jp/area/osaka/news/20090203ddlk27040350000c.html



今までは投薬などの治療は原則、施さなかったが、患者家族などからの要望を受け、同病院内のベッドを確保するなどの体制を整えた。



 同プログラムを希望する患者は主治医と相談したうえで、入院して検査が終了し次第、治療が始まる。投薬の調整が終われば再び主治医に治療を任せる。担当する橋本亮太・特任准教授は「患者の状態を少しでもよくできるよう努力したい」と話している。


posted by まったり at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

統合失調症の関連ニュース





漫画家・中村ユキさん 統合失調症を柔らかタッチで描く 母との歩み、赤裸々に



発症者が100人に1人いるとされる統合失調症は「身近な病」と知ってほしい−。

独特の柔らかなタッチで、31年に及ぶ親子の壮絶な「トーシツ(統合失調症)ライフ」を赤裸々に描いている。(安田幸弘)

母親が発症したのは31年前。

友達は進学や就職で未来を見つめているのに、私は勉強にも集中できないし、お金もないし。絶望感におそわれました」

それでも中村さんは気を強く持ち、デパート勤務を経て漫画家に。

ユーモアがにじむ作風で、子供も大人も手に取りやすい仕上がりだ。

発症者や、その家族に参考になる情報をふんだんに盛り込んでいるが、中村さんは、関係者だけでなく一般の人にも手に取ってほしいと願っている。

「統合失調症は自分には関係がないと思っている人が多いと思う。でも実は身近にたくさんいて、誰でも発症する可能性があるということを知ってほしい」

統合失調症は脳の病で、幻覚、妄想、まとまりのない会話などの症状が出るが、人によって症状はまちまち。

中村さんは「放置すると、母のように症状が悪くなることも少なくないようですが、早期治療が早期回復につながることも知ってほしい」と話している。

一時は絶望的になった中村さんだが、漫画家として仕事に励み、5年前には結婚もした。

要約文

こんな嫌なニュース

「カッとなった」 高2長男に殴られた母親、風呂場で死亡





調べによると、長男は28日午後5時20分ごろ、自宅の風呂場で母親の顔や頭を殴り、けがをさせた疑い。

母親は病院で統合失調症の疑いがあると診断され、長男ら家族が生活の面倒をみていた。

調べに長男は「入浴させようとしたがなかなか入らず、かっとなって殴った」と話しているという。

長男は暴行後に外出し、28日午後10時すぎに帰宅した際、風呂場で倒れたままの母親を発見、自ら119番通報した。

難しい解らない・・・・・・。


posted by まったり at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

統合失調症:脳に未成熟な領域 マウスで確認、治療法開発も




統合失調症に似た異常行動を示すマウスの脳の中に未成熟な領域があることを、宮川剛・藤田保健衛生大教授(神経科学)らが発見した。


死亡したヒトの脳の研究でも同様の傾向がみられ、統合失調症の客観的な診断や治療法開発につながると期待される。11日、英国のオンライン科学誌「モレキュラー・ブレイン」に発表する。

宮川教授らはさまざまな遺伝子を欠損させたマウスの行動を網羅的に調べ、CaMK2αと呼ばれる酵素を欠いたマウスが「気分の波」など統合失調症に似た異常行動を起こすことを見つけた。


この酵素を欠くマウスは、記憶をつかさどる海馬の「歯状回」という領域の神経細胞が未成熟で、ほとんど機能していない。


死亡したヒトの脳を調べた米国のデータベースによれば、統合失調症の患者は、歯状回の成熟した神経細胞を示す分子が少ない傾向にある。


宮川教授は「ヒトの統合失調症の一部は海馬の歯状回の未成熟が原因の可能性がある。成熟を促すことができれば治療法として有望だ」と話す。




posted by まったり at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

ナルコレプシー発症に関連する遺伝子を発見、東大研究チーム




【9月29日 AFP】突然深い眠りに落ちる過眠障害「ナルコレプシー」の発症に関連する遺伝子を発見したとする東京大学(University of Tokyo)の論文が、28日の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(Nature Genetics)に発表された。

ナルコレプシーは、日中著しい眠気に襲われたり、全身の筋肉が脱力したりする病気で、激しい感情が誘因となる場合もある。通常は、思春期後期か成人期初期に初めて発症する。

徳永勝士(Katsushi Tokunaga)教授率いるチームは、日本人、韓国人、ヨーロッパ人、アフリカ系の4つの民族について、ナルコレプシー患者と通常の人の遺伝子を比較した。すると、ナルコレプシー患者の場合、睡眠制御に関連した遺伝子と睡眠覚醒周期に関連した遺伝子の間でDNAの変異が起きている可能性が極めて高いことがわかった。

「rs57770917」と呼ばれるこの遺伝子の突然変異体を、ナルコレプシー患者が持つ確率は、4つの民族のなかでは日本人が最も高かった。

これまでの研究でも、発症には遺伝子が関係していると指摘されてきた。

家族にナルコレプシー患者がいると、ナルコレプシーを発症する可能性が10-40倍高まることが知られている。

今回の発見からナルコレプシーの治療薬の開発などが期待できそうだと、研究チームは話している。



posted by まったり at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

統合失調症 ・メルクマニュアル家庭版より





統合失調症とは 現実との接触喪失(精神病性の症状)、幻覚(主に幻聴)、妄想(誤った思いこみ)、異常思考、感情の平板化(感情の幅が狭い)、意欲の欠乏、職業的・社会的機能の低下などを特徴とする精神障害。 今現在、統合失調症は世界中でみられる病気で、精神の健康上の重大な問題となっている。親からまさに独立していく年代の若者に発症することが多く、生涯続く能力障害に至る可能性がある。本人の人生に及ぼす影響や経済的損失からみても、統合失調症は人類を苦しめる最悪の障害の1つとされている。 世界保健機関(WHO)によると、統合失調症は全世界における能力障害の原因として第9位を占める病気だそうで、地域によって平均よりも高率または低率なところがあるが、平均すると人口の約1%に統合失調症がみられる。米国では、統合失調症は能力障害に対する社会保障給付日数の約5分の1、医療費全体の2.5%を占めている。統合失調症はアルツハイマー病や多発性硬化症より多くみられる病気。 統合失調症では症状になじみがないために治療を受けるのが何年も遅れる場合があり、発症時期の特定が難しいことがよくある。統合失調症の平均的な発症年齢は、男性で18歳、女性で25歳です。小児期や青年期初期に発症することはあまりない。年をとってから発症することもあまりない。 原因、症状などはこちらで⇒http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch107/ch107b.html



posted by まったり at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害

「私は監視されている」:監視社会が生む新しい精神疾患

精神科医によると、統合失調症やその他の偏執症患者は、インターネットを通じたID窃盗や、防犯用の監視カメラの普及によるの喪失といった、誰でも抱くような恐怖に注目し、これを拡大させることがあるという。



「私は監視されている」:監視社会が生む新しい精神疾患



このニュース私の長男が二度目の入院のきっかけになった時の状況に当てはまる。



インターネットでチャットでもしていたのか、急に自分のパソコンを壊し「盗聴器が仕掛けられている」等と言い、パソコンを壊したり、居間にある換気扇、ソファーに仕掛けられていると言って壊し始めた。



病院へ電話しても「本人が来ないと診察できない」と言われ、半日かけ何とか薬を飲ませ落ち着かせて病院へ連れて行ったのだが、長男は先生と話をするときになるとまったく様子が変わり何事もなかったように先生と話をしてその時は通常通りの診察を受け家に戻った。



その後からまた「監視されている」等と言って次男のパソコンを壊したりした。



その事で次男とけんかになり警察を呼ぶ事になってしまった。



しまいには止めに入った私に次男が殴りかかってきたり足を蹴ってきたりで大変な状況になった。



その後も何度か長男と次男が喧嘩を始めまた警察を呼ぶ事になった。



長男は益々可笑しくなり昼夜の区別がつかなくなり夜中によその家に電話をし迷惑をかけた。



入院させるにも入院施設のない病院なので、強制入院は出来ないと言われ、入院施設のある病院を紹介され行くと断られ、また他の病院を紹介され断られ、何とか三度目に紹介された病院で長男が理解したのか、多分理解していない出来ていなかったと思うのだが自分でサインをして任意入院が出来た。



三度目の入院をさせるときも大変だったが、その時も大変で何せ私が膝を骨折して自宅療養をしていた時だった。

精神障害者とその家族、Mentally disturbed person and the family
posted by まったり at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神障害